医学脱毛の歴史

脱毛はサロン以外でも、クリニックなどの病院で行うこともできます。 医学の脱毛は、二-ドルや電気などの脱毛が一般的でしたが、最近はどの病院や皮膚科でも、レーザーの脱毛器を使用しているようです。 電気やニードルの脱毛は、色々トラブルも多く、肌がかぶれたり、炎症がおこったりなどもありましたが、レーザー脱毛がメインとなった今は、比較的そういったトラブルも少なくなったと言われています。 痛みも激しいといわれていたニードル脱毛とは違い、レーザー脱毛の痛みは少なく、どなたでも安心して脱毛ができるようになりました。

しかし病院によって使用しているレーザー脱毛器により、脱毛しにくい部分もあり、場所によっては今もニードルや電気を使用した脱毛を取り入れているところもあるようです。
ニードルや電気の脱毛は、痛みなどの問題もあるので、全身脱毛を医療で受ける場合は、全身どの場所もレーザー脱毛ができる機器を使用している病院を選ぶことをおすすめします。

医学脱毛の費用

医学での脱毛は、エステサロンなどでの脱毛の数倍のお値段がします。
格安で医療脱毛をうけるには、なかなか厳しいことで、中には、部分的に格安で提供している病院などもあります。
しかし全身脱毛などで契約すると、エステではトータル15万円前後くらいのお値段ですが、医療脱毛となるとどこも50万以上はかかります。
使用する機器がエステサロンとは違い、光の出力が高いので、効果が早くでるのと、医師などの診察や医療スタッフによる施術から、お値段が割高になってしまうようです。
「効果を早く感じたい」「エステでは信用ができない」と言った方には病院などの脱毛はおすすめですが、格安で脱毛できるところを探している方などにじゃ不向きでしょう。
エステサロンの脱毛は、病院よりは少し時間はかかると言われていますが、効果はきちんとあるので、ご安心下さい。