基本のムダ毛処理のメリットデメリット

自宅でムダ毛処理をしている方も多いと思います。ほとんどの方の自己脱毛と言えば、
●抜く
●剃る
が基本でしょう。

抜く 剃る
メリット ・脱毛効果が長持ちする。
・剃り跡などが残らない。
・簡単に剃ることができる。
・痛みがない。
デメリット ・毛を抜くのに時間がかかる。
・痛みがあり、毛穴を傷つけ、炎症や腫れなどがおこる場合もある。
・毛が途中で切れたり、埋もれたりする。
・毛穴がぶつぶつしたり盛り上がって鳥肌の状態になる。
・脱毛効果が長持ちしない。
・皮膚も一緒に削ってしまいダメージが大きい。
・毛が伸びた時に濃くなったように見える。

カミソリ時の注意点

脱毛の中でも一番手軽にできるカミソリ処理は、お金もかからず、小学生のお子様なども最初はカミソリから脱毛したという方も多いようです。
しかし手軽にできりカミソリは、当てる位置や角度によっては肌にかなりのダメージを与えてしまいます。
石鹸をつけてお風呂の中でさっと剃る方もいますが、それもNG。
カミソリを使用する時は、すべりがよくなる保湿オイルやクリームなどをつけて、毛の流れにそってカミソリをあてるようにしましょう。
脱毛する際の専用のローションやクリームなどもあるので、お肌へのダメージをできるだけ防ぐようにしましょう。
処理後もたっぷりの保湿をして、お肌をいたわってあげましょう。

毛抜きの注意点

一番昔からある脱毛方法と言ってもいいくらい、毛抜きというものは、平安時代などから女性に愛用されていると言われています。
顔や脇、カミソリで処理できなかった部分なども毛抜きを使って抜く人も多く、カミソリの次に使われている脱毛器具です。
しかし毛抜きは激しい痛みを感じ、皮膚をひっぱるので、お肌を傷めます。
お風呂上がりや、温かいタオルなどで毛穴を開かした状態で使用しましょう。
毛の流れに沿って脱毛することで、痛みを和らげることができます。

脱毛テープ

薬局などで販売されている脱毛テープなどを使用されている方も多く。
足や腕の広範囲の脱毛に利用している方が多いようです。
脱毛する箇所にハリ、バッと剥がすので、きちんと張り付いていなかった部分などは毛が残ってしまう場合もあります。
お肌への刺激も強いので、使用した後は、赤くなったりかぶれたりすることもあります。
毛の流れに沿って剥がすようにし、脱毛後は保冷剤などで冷やして炎症を鎮めましょう。

サロンで脱毛することが一番

自己脱毛はあくまで応急なもので、毎日続けるとお肌がボロボロになってしまうので、早めにサロンで脱毛することが一番の脱毛方法です。
当サイトご紹介脱毛サロンは格安でうけれるところばかりなので、自己脱毛の労力やかかる時間を考えれば、サロンに通うほうが断然賢明。
毛穴がなくなることで肌もきれいになるので、今まで自己処理で痛んだ肌も改善していきます。